にきびの治療は根気よく

MENU

にきびの治療は根気よく

ニキビには、思春期にできるものと、大人になってからできるものがあります。

 

2つのタイプは発症の原因も治療法も異なりますので、注意しなければなりません。

 

大人になってからできるニキビは原因が様々で、体の内側から刺激を受けてできる場合と、外側からの刺激によってできる場合があります。

 

内側からの原因には、ストレス、喫煙、寝不足や栄養バランスなどの生活習慣の乱れ等が挙げられます。

 

外側からの原因としては、洗顔不足、洗顔のしすぎ、紫外線、空気の乾燥などがニキビを誘発するようです。

 

大人ニキビを治すためには、これらの原因のうちから自分に当てはまるものを取り除いていくことが必要です。

 

外側からの刺激は注意して防ぐことができますが、内側からの原因となる生活習慣を改めるのはなかなか難しい場合があります。

 

極端な例ですが、仕事のストレスが原因だったとしても、すぐに転職というわけには行かないと思います。

 

ですから、まず手軽に実行できることから改善していきましょう。

 

生活リズムを整えること、食事のバランスに気を配ることなどは比較的簡単に行えるのではないでしょうか。

 

また、漢方薬で体質の改善を図ったり、抗生物質でニキビの治療をすることもとても有効です。

 

ニキビの原因にある程度の見極めがついたら、可能な範囲で改善するよう努力をすることが完治への近道です。

 

大人ニキビは、生活環境や体質など様々な要因が絡み合って発症するので、人それぞれ原因が異なります。

 

別の人にはとても効果的な治療でも、自分にはまったく効かないということも考えられます。

 

このようなことから、自分に合う治療法を見つけて早期に手当てを施していくことが望ましいのです。

 

大人ニキビは一度できてしまうとすぐには治りません。生活習慣を見直し、根気良く治療しましょう。