Music and Future

著作権を守るためにはDRMは必要ですが、もっといい方法があると思う

MENU

著作権を守るためにはDRMは必要ですが、もっといい方法があると思う

以前音楽や映像の複写は、ダビングといって自由に家庭でできたものでした。カセットラジオのカセットテープへのダビングやビデオのビデオテープへのダビングは、一般的でした。

 

しかし、このような複写は、かなり品質が悪くなり、保存年限も短いため、著作権を管理する団体も大目に見ていたところがあります。

 

しかし、今やこれら音楽や映像はデジタル情報に置き換わったため、複写しても品質がまったく同等となるという悩ましい問題が発生しました。ダビングが自由であれば、正規の値段を著作権者に支払わなくとも品質が同等なものが手に入るのであれば、音楽や映像の販売を生業とする業界はたまったものではありません。

 

実際に、音楽CDやDVDの売上げは、減少の一途を辿っています。そのため、ほとんどのCDやDVDには、DRMのために暗号化技術を取り込んでいます。

 

しかしながら、DRMの暗号化技術は、特定の機種でしか再生できないという欠点を持っていて、消費者に不利益を与えると批判されています。さらにDRMに批判的な人たちの中には、暗号化技術を破るためのソフト開発を進めており、暗号化してもすぐそのプロテクトが破られてしまうという事態になっています。→DRMを合法的に解除する方法

 

そのため、最近のソフト業界では、あえてDRMフリーの商品を販売する業者が増えており、著作権管理のあり方が揺らいでいます。

 

個人としても、機器やOSの一部に再生対象外のものが発生するというDRM技術は、不安であり、不満です。個人的にも、マスター版を大切に保管し、コピー版だけを使いたいと思いますし、それは購入した個人の自由裁量であると思います。

 

また、再生できない暗号を入れることにより、音質や映像に劣化が生じるという指摘もあります。

 

DRMとは別の新たな課金方法を考案することにより、DRM問題は解決するのではないかと思います。